有限会社 宮北板金 兵庫県高砂市松陽3丁目770-4 TEL 079-446-7722

宮北板金,兵庫県,高砂,板金,屋根,雨樋,外壁,リフォーム 宮北板金,兵庫県,高砂,板金,屋根,雨樋,外壁,リフォーム


大切な家を支える屋根。屋根は外からもなかなか見えずらい所も多く、我が家の屋根がどのような状態になっているのか見極めるのは難しい事と思われます。

1.屋根が変色している
2.木造建築で家を建ててから20年以上たつ
3.雨漏りしている
4.雨の日の湿気が気になる

このような場合は適切なリフォームが必要と思われます。まずは私どもにご相談ください。下記のような適切なリフォームをさせて頂きます。





雨漏り対策としては、屋根の種類によってもちろん変わってきます。

【日本瓦の屋根】
●永年の間に瓦の間に生えたコケや雑草、または屋根に枯葉や落ち葉などが積もっていると、毛細管現象を引き起こし、雨水を中に通してしまい雨漏りの原因となります。 まずは早めの屋根の清掃が必要です。

●瓦の破損やズレも雨漏りの原因となります。のし瓦や冠瓦がずれたり、漆喰がはがれると防水効果が薄れ、雨水が棟部分に浸透しやすくなります。

●地瓦の重なり部分の隙間にコーティングを塗ると、雨水の浸透を防ぐどころか棟部分からの雨水や、地瓦の裏面に付く結露などの水の流れ出る場所がなくなり、瓦の内面に雨水を溜め込む結果となり雨漏りの原因となります。
                        コーティングの塗りすぎはダメ ⇒





【金属瓦 / 金属屋根】
金属瓦は日本瓦の1/10の軽さなので、柱や梁にかかる負担を軽減。
断熱性・遮音性・遮熱性など優れ、幅広く様々な建物の形状にも対応できます。

金属屋根は伸縮性にとても優れていて軽くて耐久性・防水性・意匠性があります。豊富な種類はあらゆる建造物に対応できます。軽い屋根は重心が低く安定し、地震による荷重が小さいという訳です。

【日本瓦 / 引掛け桟葺き工法】
瓦屋根は重くて、地震があった時に崩れてしまうのではないか。と不安に思われている方が多いと思います。
瓦屋根は日本建築の基本屋根であります。瓦屋根は美観にすぐれ、耐水性、耐火性、耐寒性、耐久性にすぐれたものです。
耐震性においても、瓦の下に土を敷き詰めて固定する「土葺き工法」ではなく、「引掛け桟葺き工法」と呼ばれる施工方法を採用することで、瓦は屋根にほぼ固定されることなりますので地震による瓦の落下被害を大きく低下させます。 この工法を採用することにより、屋根そのものの総重量がたいへん軽くなるというメリットもあります。



樋や屋根が気になったら、ご自身で点検するのは危険です。当社までお気軽にお尋ねください。


Copyright(c)2006 ?宮北板金. All Rights Reserved.